FC2ブログ

二冊目『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』

夏の目標として、読了した本に関しては感想を書くようにしました。ということでこれで二冊目です。

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る

実際に読み始めたのは、前回感想を書いた『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』の方が後だったのですが、色々あって読了時期は追い抜かれてしまいました。
まあ、ある意味それがこの本の評価と言ってしまえばそれまでですが、個人的にはある意味予想通りのがっかりさでした。

そもそも本屋大賞候補として、妙なごり押しを見てしまって以来、感じていた不安そのままだったわけで。
表紙の美麗さと良い、何というか売るための本という臭いが強すぎて、何だか冷めてしまう部分が強かったです。
そういう悪い意味での期待を蹴散らしてくれる力があるかと、一縷の望みとして持って読み進めたのですが、見事に予測通りでした。

ということで感想ですが、ラノベとして考えれば普通程度の本ですね。
しかしラノベとして考えると、某食べてしまうほど物語を愛している例の作品との比較になってしまうのが微妙なところです。
ただ、如実に違いがあるのですけどね。
例の作品が物語を愛し、物語をテーマに謎やストーリーが綴られているのに対して、
こちらは本を愛し、本を中心とした人間関係に焦点を置かれているという点において明らかに筆致が変わっているところでしょう。
そう言う意味で小説以外の題材を扱っているという点で、それが窺えます。

しかし、キャラ小説としてみた場合、やはりこちらのほうが魅力的ではない気がします。
まあ、これは連作小説として考案されている分で、小出しにしているせいというのがまず原因ですが、
何よりもワトソン役の男に魅力をまったく感じないというのが、一番の原因だと思います。
それは何故かと考えたとき、基本的に探偵役に対して、助手役というのは基本的には何らかの劣っている部分を持つのが基本だと思います。
成人男性でそれをしてしまうと、本当に微妙に見えてしまうんですよね。
しかも、全然魅力的に見えないので、なぜ栞子さんが惚れたのかがまったく分からないんですよね。
出来れば、それを感じさせる場面が欲しいですね。

正直、栞子さんを評するならば造語ですが、
恵設地振(恵まれたキャラ設定からとても地味な振る舞い。)としか言いようがない。
設定だけならもの凄いのに、全然生かせてないというか、まったく魅力的に見えない。
はっきり言ってここまでパッとしてないとは思わなかった。
プラス、いまいち本来のビブリオマニア的な良さも出ていないので、
非常にもったいないキャラにうつります。
後、助手の男に対して何故好意を持ったのかの説明が足りないのは、やはり致命的だと思います。
要するに現時点では遠子さんに負けておりますよということです。

本を好きな人なら読んでも良いけれど、がっかりはするかなと言う気もする作品。
変な期待をしなければ、軽く読む分にはまあいいと思う作品ですね。
でも、続編は読んでみる所存。
あくまで連作小説として輝くのじゃないかなあと思っているんで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめ【二冊目『ビブリア古書】

夏の目標として、読了した本に関しては感想を書くようにしました。ということでこれで二冊目です。ビブリ

まとめ【二冊目『ビブリア古書】

夏の目標として、読了した本に関しては感想を書くようにしました。ということでこれで二冊目です。ビブリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。