FC2ブログ

映画版のなのはAs見てきた

仕事上がりに、熊本のシネプレックスまで足を運んで、
「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's」を見てきました。
取り敢えずその感想をつらつらと。

正直面白かったですよ。
信者ですから。
話の筋も知っていたし、場面もほとんど覚えているので、
違いを比べつつ見るという楽しみ方をしておりました。

ただ、初見さんには厳しいかなあという印象。
せめて映画版の1stは見ておかないと、意味不明なことが多すぎるんじゃないかなあと。
現に自分の前の席の大学生風のお兄ちゃんは、絵は綺麗やけど展開が意味不とか言ってたし。
まあ、ラストバトルが見てる人置き去り風味なのは少し同意。
今回は闇の書の防衛システムをあらかじめかなりの段階からピックアップしていたので、
多少は緩和されていた気もしますが、やはりあのフルぼっこラストバトルは微妙過ぎる。
アニメ版よりも強く、派手になっていたのでまあ良いにしても、
やっぱりただのご都合主義必殺技見せシーンでしかなさ過ぎるのが一番問題。
でも、なのは組とそこで仲間になるはやてとヴォルケンズを活躍させるためにはああするしかないんだよなあ。

結局闇の書を倒してはやて解放だと、リインフォース名付けイベントからのはやての活躍が書けないし、
はやてが解放されて全てやってしまうとなのは達の活躍が薄くなると言うことで、あれが妥協点なのかなあ。
まあ、実際なのはの肝はバトルも大事だけど人間関係の後日談なのだろうけどね。
前回はなのはとフェイトのリボン交換からのお別れのシーン。
今回ははやてとリインの別れと件の「海よりも深く愛し、その幸福を守りたいと思えるものと出逢えればな」
だと思うわけで。

まあ、自分的には楽しめましたが。
前作と違い、誰にでも勧めると言った感じではなくなったかな。

それはそうと結構テレビ版とは改変もあって、特に前半は良い具合に変えてあって良かったですよ。
すんなりとフェイトが海鳴入りしていた部分は、もう謎の敵という感じでもないからあれで良いかなと
テレビ版のなのはの危機にやってきて、友達だ! っていうシーンもよかったですけどね。

それはそうと、頭の中では佳奈様すげーってのがずっとありました。
というか最近咲の声しか聞いてなかったから、関西弁の佳奈様の声が新鮮に聞こえるというか、
怜か竜華は佳奈様が二役目をすれば良いやとか思ってたw
幼はやての聖女っぷりに感動しつつコレがあの狸になるのかと思うと人生の無常を感じますな。
特に秋のゆきなのはを読んでるとそれを一段と感じますよ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめ【映画版のなのはAs見て】

仕事上がりに、熊本のシネプレックスまで足を運んで、「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's」を見

まとめ【映画版のなのはAs見て】

仕事上がりに、熊本のシネプレックスまで足を運んで、「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's」を見
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。